見映えがする庭に仕上げたい!?人工芝の雑学について初心者にも分かりやすくご紹介!

こちらのサイトは、殺風景な庭を見栄えが良い環境にしたい人に最適な情報をご紹介しています。
植木を購入するなどのやり方もあるけれども雑草対策で人工芝を設置する方法もおすすめ、天然芝との違いなどを含め利用する上でのポイントや注意点、そして雑学など初心者に分かりやすく解説することにしましょう。
施工するときはたるみやシワが生じないよう伸ばしながら貼る、継ぎ目が目立ちにくくするときの商品選びのポイントなど紹介しているので参考にされることをおすすめします。

見映えがする庭に仕上げたい!?人工芝の雑学について初心者にも分かりやすくご紹介!

人工芝を設置すると庭が見映える状態になる、このようなイメージを持つ人も多い反面人工芝は作り物なのでそれ相応の見た目にしかならない、このように考える人も多いようです。
しかし、最近の人工芝の中には天然芝と同じような風合いを持つ製品もあるので、このような製品を使えばリビングルームから庭を見たとき天然芝を植えてあるような感覚にもなりますし、しっかり下地を整えて防草シートを貼るなどで雑草が生えにくい庭にすることも可能です。

人工芝はDIY初心者でも比較的挑戦しやすい

見た目が芝にそっくりな人工芝は庭などに使用される便利なアイテムです。
初心者のDIYとしても挑戦しやすい施工性を持っています。
まずは下地作りが大事です。
美しい仕上がりのためにも余計なものは取り除いておきます。
人工芝はホームセンターなどで購入できます。
広い面積のロールタイプと組み合わせやすいパネルタイプがありますので、使用範囲によって使い分けます。
あとは必要な箇所に並べてジョイントするだけです。
不要なところはカットして、継ぎ目を目立ちにくくするために10センチほど重ねるようにします。
特にパネルタイプであればカットの必要もないでしょう。
人工芝には芝目があるので、同じ方向に並べるようにしてピンで留めます。
気をつけておきたいのが、雑草対策です。
人工芝自体には除草効果はありませんので、そのままでは雑草が生えてきてしまいます。
せっかくの美観を損ねかねないので、除草シートなどをあらかじめ引いておく必要があります。

人工芝の継ぎ目をきれいに仕上げるためのコツ

人工芝をよりきれいに仕上げるには継ぎ目に注目をします。
つなぎ目は大変重要であり、目立ってしまうと人工芝を敷いたという感じが出てしまい、ナチュラルに仕上がりません。
失敗してしまうと隙間が空く、重なってしまい盛り上がる、色味が違って見えるなど見た目に影響が出るほか、雑草が隙間から生えてしまうのでより一層見た目が悪くなります。
きれいに仕上げるには、人工芝の仮敷きを行い、だいたいの位置を把握する、芝の耳を切る、つなぎ目をジョイントテープなどで固定をする、整地作業を丁寧に行うことが大切です。
芝の耳とは端っこの部分を指しており、ついたままであるときれいに敷くことができません。
ポイントはできるだけ縫い目ぎりぎりで切ることであり、ハサミよりカッターの方がよりうまく切ることができます。
またジョイントテープの活用も重要です。
あらかじめ人工芝同士をつなげておくことで浮きやずれを防止することができるからです。
ですがあくまで補助的なものであるので、施工後はしっかりとピンを継ぎ目に打ち込むようにします。

人工芝を敷く場所は防草シートを使うのがポイント

人工芝を敷く前に必ず防草シートをかぶせてからが良いです。
人工芝には無数の穴が開いており、そこから雑草が生えてくるからです。
その雑草を抑えるために防草シートを使用します。
その方が夏場雑草が生えにくくなり、手入れが必要なくなります。
人工芝やシート、整地などを含めるとけっこうな値段がしますから、前もって業者に依頼するときは見積もりをお願いしましょう。
見積もりは無償ですから予算を決める参考になります。
広さにもかなり関係してきますから、自分で出来るのであれば自分で行っていいですし、かなり広い所であれば業者にお願いした方がいいのです。
一生芝と付き合っていくわけですから、見栄えがよく、快適な場所になることがいいでしょう。
芝の上で遊んだり、楽しんだりするわけですから、自分が満足するような庭造りがいいです。
そのためには焦らず、時間をかけていきながら計画的に行っていくのがいいです。
後悔しない庭づくりがいいでしょう。

人工芝にも芝目があるので方向を合わせて並べる

人工芝には芝目が存在します。
それをきれいにそろえて並べると仕上がりの見た目が良くなります。
人工芝の葉はまっすぐに立っているのではなく、全体的に少し斜めに傾いていて、その傾きによって並び方が変化するのです。
この傾きのことを芝目と呼びます。
人工芝の葉の流れには、順目と逆目があり、逆目からの見た目の方がより天然芝に近い、リアルできれいな並び方です。
順目は葉の流れをそのまま見る方向で、逆目は自分に向かって葉が向くように見る方向のことを言います。
逆目の方がきれいに見えることに考慮して、人の導線とその視線を意識して、人目に付きやすい方向に逆名がそろうように敷くときれいになります。
人工芝の向きは結局人の目で判断するしかありません。
葉が寝ている方向をよく見て判断するしかないのですが、向きがそろっていないと汚くなってしまいます。
複数の芝を敷く場合には、芝の流れがそろうように並べると、きれいになります。
またきれいな仕上がりにするために、芝の継ぎ目を目立たなくすることも重要ですが、このためにも芝の向きが非常に重要です。

人工芝に関する情報サイト
人工芝の雑学

こちらのサイトは、殺風景な庭を見栄えが良い環境にしたい人に最適な情報をご紹介しています。植木を購入するなどのやり方もあるけれども雑草対策で人工芝を設置する方法もおすすめ、天然芝との違いなどを含め利用する上でのポイントや注意点、そして雑学など初心者に分かりやすく解説することにしましょう。施工するときはたるみやシワが生じないよう伸ばしながら貼る、継ぎ目が目立ちにくくするときの商品選びのポイントなど紹介しているので参考にされることをおすすめします。

Search